20歳以下でお金を借りることはできる?学生ローンの仕組みが知りたい!

「契約」という行為は成人に認められているものですので、原則として20歳以下の人が自分だけの判断で契約をすることはできません。カードローンなどでお金を借りる場合は必ず金融機関との契約が必要になります。20歳以上であれば自分の判断で申し込みをすることができますので、親の承諾なしで契約することができます。20歳以下の人は必ず親権者の同意が必要になるので注意しましょう。
また、銀行や消費者金融のカードローンは20歳以下は対象となっていません。20歳以下の人がお金を借りる場合は学生ローンが最も手頃です。学生ではなく働いている人は、信用金庫からお金を借りることができないか検索してみましょう。学生ローンの契約をするためには学生証が必要ですので、学生でない人は利用できません。高校生は不可ですが、大学生、短大生、専門学生などが利用できます。学生ローンの中にもカードローンタイプのものと、契約額をまとめて借り、その後は返済専用になるものがあります。カードローンでは契約した限度額内で自由にお金を借りることができます。こうしたタイプを「極度型」と言います。
学生ローンは契約さえしてあれば、卒業後も利用することができます。就職などで資金が必要になる場合に利用すると良いでしょう。消費者金融のカードローンよりは金利が低いところもありますが、学生ローンの融資は基本的には少額です。また、アルバイトをしているなど、一定の安定した収入が必要になる点にも注意しましょう。