青汁で血液をサラサラにしよう!

血液には、健康的で正常な状態の時はサラサラしていると言われています。この状態だと、血管の中をスムーズに流れて全身を巡っていきますから、酸素や栄養の補給も滞りなく行われ、代謝も活発に行われています。
しかし、脂質の多い食生活をすることで血中のコレステロール値が高くなりすぎると、脂質異常症という病気になってしまい、いわゆるドロドロ血液に変化しやすくなります。赤血球の形が変化したり、酸素や栄養の運搬が正常に行われなくなった結果、健康にも影響がでますし、疲れを感じやすい体質になります。また、過剰な脂質が血管から柔軟性を奪い、動脈硬化を引き起こすのです。動脈硬化は心筋梗塞などの突然死の引き金になる病気に関わっていますから、決して軽く見てはいけない症状です。
血液を正常に戻すには、緑黄色野菜を多く食べて食物繊維やカロテン、ポリフェノールなどを摂取することが重要です。一旦脂質異常症になると、食事管理を厳格に行うことが要求されます。食物繊維やカロテンも、普段の食事以外にも青汁から補給するようにすることで、食事管理の負担が軽減され、効率が良くなります。青汁そのものには脂肪はありませんし、糖分なども使用されていませんから、カロリーや糖分の過剰摂取になるという問題も発生しません。
青汁人気に使用される植物にも色々なものがありますが、血液をサラサラにするという目的なら食物繊維の含有量が高い大麦若葉などを使用しているものがいいでしょう。